活動報告

高山建築組合では「よりよい住まい」を建てるために、技能部、研究部、青年部を中心にして、様々な勉強会、見学会を行っています。 伝統と同時に新しい技術を学び、それぞれの大工が切磋琢磨しながら、日々の仕事のレベルアップを目指しています。 また、懇親会を通して親睦をはかり、情報の交換を行っています。

123456789|    << 前のページ | 次のページ >>

東北関東大震災被災者支援チャリティーのお知らせ

まずはこの場を借りて震災によって亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表します。
また、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

高山建築組合では3月27日の日曜日にスーパーマーケットバロー高山店様の一角をお借りして、1階エレベーター前スペースにて『東北関東大震災被災者支援チャリティー』を行います。

包丁を始めとする家庭用刃物の研ぎを無料で行い、利用していただいた方にはお代のかわりに義援金の募金にご協力していただく、という趣旨です。

時間は午前10時から午後6時まで。

ささやかではございますが被災地の方々に援助のご協力をさせていただきたいと思っております。

皆様のご協力をよろしくお願いします。

2011.3.23up

建物見学会2011

毎年恒例になりました建物見学会を今年も開催しました。

今年は吉島家当主、吉島忠男氏設計による住宅と国府町八日町の反中建築さんのご自宅の建物を見せていただきました。

吉島さんの設計された住宅は現在住まわれている方が大変親切に説明をしてくださり、感謝、感激でした。
建物は完成して30年ほど経っているのに全く色あせない素晴らしいもので、我々はただただその発想とセンスに驚かされました。
細部まで考えられたおさまりと寸法は自然に落ち着く空間を作り出していました。
雑誌などにもたびたび紹介されていた住宅ですがこれほどまでとは思いませんでした。

反中建築さんの住宅は一言で言わせていただければ「自由」な空間でした。
おそらくは一般の方よりも僕達の方が感動しながら見ていたと思います。
だって本当に驚きの連続なんだもん(笑)。

同業者にも関わらず気持ちよく案内をしてくださり、出し惜しみをせずにいろいろなことを教えてくださいました。

本当に刺激に、勉強になった一日でした。
これをまた普段の仕事に生かしていきたいと思います。

北平さん、反中さん、本当にありがとうございました。




2011.3.23up

エコハウス体験宿泊

1月22日(土)、青年部数名で飛騨の里にある『飛騨高山・森のエコハウス』に体験宿泊してまいりました。
エコハウスというのはどういうものかというと、「建設、居住、改修、建て替えのライフサイクルにわたって環境負荷が少なく、かつ快適な暮らしを実現する環境共生方型住宅のことだそうです。

簡単に言えば「最新式の地球に優しい技術を集めたモデルハウス」というところでしょうか。

皆で話し合いながら色々見て回った後は、お酒を酌み交わしながら「家」について語り合いました。

興味のある方がいらっしゃいましたら見学もできるようですのでどうぞ。

建物見学 土・日・祝日の10:00〜16:00

施設利用 平日及び上記時間外

体験宿泊 金、土曜日 17:00〜翌朝9:00まで

(ただし12月29日〜1月3日は閉館)

連絡先 ひだ高山 木の家ねっと(笠原木材(株)内)

0577-52-2525
     


2011.1.29up

ペレット・薪ストーブ勉強会を開きました。

12月13日(月) ペレットおよび薪ストーブについての勉強会を開きました。
会場はホームセンターバロー高山店隣 イコクヤ様にて。
最近は薪ストーブを設置される住宅も増え、施主様から質問されることも多くなりました。
また、ペレットストーブについてもよく知りたい、と組合員から声がありましたので。
実際に普段からストーブの設置、施工をされているベテランの方に講師になっていただきました。
カタログ等からはわからない生きたお話を聞かせていただくことができて大変勉強になりました。
大工は住宅に関する多岐にわたる知識を身に付けておかなければいけないのでこういった勉強会は欠かせません。
これからもこのような現場で役立つ講習会を開いていきたいと思います。


2011.1.10up

ひだ建築フェスタに参加してきました

11月28日(日)に市役所で行われた「ひだ建築フェスタ」に参加してきました。

建築組合は「箸作り体験」「鉋削り体験」「継ぎ手仕口の展示」を行いました。

参加してくださった皆さんは楽しんでいただけたでしょうか。

またこのような機会がありましたら喜んでいただけるように頑張りたいと思います





2010.12.1up

123456789|    << 前のページ | 次のページ >>