活動報告

高山建築組合では「よりよい住まい」を建てるために、技能部、研究部、青年部を中心にして、様々な勉強会、見学会を行っています。 伝統と同時に新しい技術を学び、それぞれの大工が切磋琢磨しながら、日々の仕事のレベルアップを目指しています。 また、懇親会を通して親睦をはかり、情報の交換を行っています。

12345678|    << 前のページ | 次のページ >>

青年部建物見学会を開きました。

2月26日(日)青年部建物見学会を開きました。

建物見学会は高山市内K様邸、丹生川匠の館に勉強に行きました。

K様邸は建築組合の井口さんが建てられた家で、内部は古い大きな梁を使ったり、新築でありながら落ち着いた懐かしい雰囲気のある暖かい家でした。

丹生川の匠の館は飛騨の名工、川尻治助が晩年に建てた名建築です。

最新の住宅事情も勉強しなければなりませんが、温故知新と言う様にこうした古い建物にも学ぶべきところはたくさんあります。

大変有意義な一日になりました。


2012.3.25up

建築組合総会を行いました

4月3日(日)飛騨グリーンホテルにて平成22年度高山建築組合定期総会を行いました。

参加人数は約30名。

22年度総括や23年度の活動などについて話し合いをいたしました。

また当日は『東日本大震災義援金募金』も行い、組合員から83.106円の義援金を集めました。

その後は金子一義衆議院議員秘書や中村やすし県議会議員、高山市副市長など多数の方々のご列席をいただき懇親会を執り行いました。

震災復興に向けての取り組みなどを話し合ったりして、有意義な時間をすごささせていただきました。

2011.4.5up

東日本大震災義援金チャリティー募金のご報告

3月27日(日)にスーパーマーケットバロー高山店様の一角をお借りして『東日本大震災義援金チャリティー募金』を行いました。


当日ご利用してくださった皆様、またその他にも募金だけしてくださった皆様もたくさんいらっしゃって誠にありがとうございました。

感謝、感謝でした。

当日集まったお金は117.941円になりました。

このお金は義援金として日本赤十字社に直接振りこまさせていただきました。

本当にありがとうございました。

建築組合ではまたいずれかの形で震災復興に協力をさせていただきたいと思っております。

その際はお力添えよろしくお願いいたします。

(すみません、当日は忙しくて写真を撮るのを忘れておりました・・・)


2011.4.5up

東北関東大震災被災者支援チャリティーのお知らせ

まずはこの場を借りて震災によって亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表します。
また、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

高山建築組合では3月27日の日曜日にスーパーマーケットバロー高山店様の一角をお借りして、1階エレベーター前スペースにて『東北関東大震災被災者支援チャリティー』を行います。

包丁を始めとする家庭用刃物の研ぎを無料で行い、利用していただいた方にはお代のかわりに義援金の募金にご協力していただく、という趣旨です。

時間は午前10時から午後6時まで。

ささやかではございますが被災地の方々に援助のご協力をさせていただきたいと思っております。

皆様のご協力をよろしくお願いします。

2011.3.23up

建物見学会2011

毎年恒例になりました建物見学会を今年も開催しました。

今年は吉島家当主、吉島忠男氏設計による住宅と国府町八日町の反中建築さんのご自宅の建物を見せていただきました。

吉島さんの設計された住宅は現在住まわれている方が大変親切に説明をしてくださり、感謝、感激でした。
建物は完成して30年ほど経っているのに全く色あせない素晴らしいもので、我々はただただその発想とセンスに驚かされました。
細部まで考えられたおさまりと寸法は自然に落ち着く空間を作り出していました。
雑誌などにもたびたび紹介されていた住宅ですがこれほどまでとは思いませんでした。

反中建築さんの住宅は一言で言わせていただければ「自由」な空間でした。
おそらくは一般の方よりも僕達の方が感動しながら見ていたと思います。
だって本当に驚きの連続なんだもん(笑)。

同業者にも関わらず気持ちよく案内をしてくださり、出し惜しみをせずにいろいろなことを教えてくださいました。

本当に刺激に、勉強になった一日でした。
これをまた普段の仕事に生かしていきたいと思います。

北平さん、反中さん、本当にありがとうございました。




2011.3.23up

12345678|    << 前のページ | 次のページ >>